FC2ブログ
   
08
2
3
4
5
6
7
9
11
13
16
17
21
27
28
   

暑いからね~


なかなか外で
遊べません(>_<)

ただいま、夕ごはん済んだとこ。

いつまで、
この暑さ続くんだろー(@_@)
スポンサーサイト



昨日は…

私の誕生日と
長崎原爆の日でした。

ここ山口で過ごすと
特別誕生日だからって
何もないんよね…

田舎だし、
今年は特に…(>_<)

学生時代は
部活に忙しく
誕生日どころじゃなかった気がする…
合宿中な時もあったし…

話は変わって…
自分が長崎原爆の日が
誕生日ということもあって、
小さい頃は戦争に関する物語や
漫画をよく読んでました。

うちのじいちゃんは
戦争中はフィリピンあたりに出征してたそう…
それが途中、大腿部に敵の弾が貫通したため
終戦前に日本に帰れた…

日本に帰って来た時、
着いた港は宇品…
原爆が投下される半年ぐらい前に帰って来たから助かった…

で、山口に帰って来たら
3人居たはずの子ども達は
みんな栄養失調で亡くなってた…

じいちゃんはすごく悲しんだらしい。

この時点では、
まだうちの母は生まれてない。

その後5人の子どもを授かり、
貧しながらも必死で頑張ったじいちゃん…

じいちゃんが早く戦地から早く帰ってこれたこと、
原爆にあわずにすんだこと、
残念なことだけど
じいちゃんが帰って来た時に3人の子ども達が亡くなってたこと、

これらの偶然が重なって、
私の母が生を受け、
その後
私が生まれた…

じいちゃんの偶然が一つでも欠けてたら、
母もいなければ
私ももちろんこの世に存在しない…

ちっちゃなことだけど、
この話を聞いた時は
まだピンとこんかったけど、
子どもを持ち、
東日本大震災のことをネットや新聞で目にしたら、
つくづく自分は生かされてるんだなと感じます。

じいちゃんは
私が結婚式挙げた1週間後に静かに亡くなった。

私の結婚式を挙げる年明けから意識がなく
いつ亡くなってもおかしくなかった。
だから、
もしじいちゃん死んだら、
親戚のおじさん達や
いとこ達は来れないねと
思ってたら、
私が新婚旅行から帰り、
2日後に静かに息をひきとった…

じいちゃんが、もし生きてたら
97歳。

私自身、いろいろあるけど
せっかく繋いでもらった大切な命…
無駄に過ごすことなく
大切に生きようと思う。
そして、笑顔で過ごせるように
努力したい。

プロフィール

やまと兄妹のママ

Author:やまと兄妹のママ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる